日本の競輪と世界のKEIRINを語る−どのようなスポーツなのか

皆さんは「競輪」と聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。競技そのものに興味があって選手に注目する人、賭け事が好きであれば、日本で賭博が承認されている数少ない公式スポーツである競輪に賭ける人、更には収益で社会貢献がどうなされているかと言う、少し踏み込んだところに興味がある方もいるかもしれません。まだ競輪で賭けたことがないと言う方、とても簡単にできます。投票券を会場で買い、着順を予想するだけで良いのです!

競輪とは何か?

ここでは、競輪のことを知らない人向けに、競輪の基本をおさえたいと思います。競輪は、バンク(競走路)の上を自転車で走り、運動会の徒競走と同じように誰が一番にゴールするかを競う競技です。単純にスピードを競うだけでなく、相手を意識して争うところが競輪の奥深さであり、面白さとなっています。勝つために様々な作戦を立てなければいけません。選手の思惑が複雑に絡み合い、ドラマチックなレース展開になることも多いのです。

競輪と言う競技を構成するものとは何か?

単純に競輪は競技場を自転車で走るだけといってしまえば、非常に簡単なスポーツに思えてしまいますが、そうであるからこそ選手と自転車両方の質が良くなければ良い成績を取ることはできません。

選手について

まず、選手に求められるものとは何でしょうか。まずは強い太ももを作ることです。筋肉質で安定感のある太ももがレースを左右します。自転車競技には上半身の訓練は必要ないなどと考えていらっしゃる人もいるのではないでしょうか。それは間違いです。ハンドルを手前に引く力を兼ね備えてこそ全身の運動作用が良い方向に向かうのです。ですから、上半身も太ももと同じくらい鍛えなくてはいけません。

競技用自転車について

では、競技用自転車とはどういったものなのでしょうか。見ていきましょう。その辺の自転車専門店で売っているような自転車をたとえ素晴らしい質のものであったとしても、そのまま選手が使うと言うことはあり得ません。彼らが使用する自転車は「レーサー」と呼ばれており、完全なるオーダーメードで一人ひとりにあったレーサーを持つことになるのです。言ってしまえば自分の体の一部になる道具ですから、それくらい当たり前のことかもしれませんね。皆さんがプロフェッショナルですから。

競輪からKEIRINへ

競輪競技は今では夏季オリンピックの正式種目になっているのです。知っていましたか。競輪はもともと1948年に日本で誕生したスポーツですが、元競輪選手である中野浩一氏の尽力により、何と2000年に行われたシドニーオリンピックより競技種目に追加されたのです。日本の競輪界においても外国人の選手を短期間所属させるシステムを確立させるなど、様々な場面において国際化に向けて変化があるようです。日本のスポーツがオリンピック種目になるは柔道に続いてと言うことなので、日本にとっては素晴らしいニュースと言えます。

現在、オリンピックにおいては複数の種類の異なるレースが開催されているようですが、それらの起源は日本の競輪にあると言うことです。ただ、日本で行われているものとは違いもあるようで、ローマ字でKEIRINまたはカタカナでケイリンと表記して区別することも多いようです。